【FAMコラム】在宅保育、子どもとどう過ごす?在宅ライターママのおうちアイディア

ママプラスで活躍してくださっているママさん=ファムの皆さんに、普段から実践している「#子どもとおうち時間」のすごし方を聞いてみました!

いきなり在宅勤務になった!というママさんや、外出は難しいけど毎日家でどう過ごしたらいいの!とお困りのママさんの参考になればうれしいです♪

*********************

わたしは2017年、子どもが2歳の頃からママプラスで在宅のお仕事を請け負っています。

外出せず一日中家の中で過ごすのは子どもも大人もかなりのストレスですよね。
しかも、在宅でのお仕事は締め切りや量によっては寝かしつけた後の一人時間だけでは足りないことも多く、子どもの前でパソコンを開き続けることもしばしば。

今回は、普段から在宅業をしているわたしの未就学児と過ごすアイディアを紹介します。

1.ベネッセ「オンライン幼稚園」
 

自分が仕事をしないとならない時、おもちゃでのおままごとや工作、おえかきだとどうしても「ママ見て~」が出やすいですが、Youtubeなどの動画コンテンツは集中して長時間観てくれるのでありがたいです。とはいえ、放っておくと本当に一日中観続けていることも…。

そこで最近重宝しているのがベネッセの「オンライン幼稚園」。
Youtube が観られる環境にあれば、10~14時過ぎまで、毎日の時間割が設定されていて、手洗いやお昼の時間などもアナウンスしてくれます。

年長児の娘は興味がはっきりしているので集中して観るところ、観ないところがありますが、先生の読み聞かせや歌の時間などは幼稚園みたいで面白がってくれます。
長時間動画を見せることが心配な方は、もちろん途中から見始めてもOKですが、10時から観始めてお昼まで流すと「あさのあいさつ」から「てあらい、おひるのじかん」へとアナウンスしてくれるので子どもへの生活リズムの安定に一役買ってくれるのでおすすめです。

2.一緒に塗り絵で大人もストレス発散

 

最近は大人の塗り絵が流行っていて、かなりのストレス発散効果が期待されています。
そんな大人も楽しい塗り絵なら、仕事の合間の息抜きとしても、子どもと一緒に楽しむ時間としても活用できること間違いなし!

100円ショップなどで安く購入するのもいいですし、今やコンビニのネットプリントでも塗り絵を無料配布してくれている作家さんがいるので、なにかと品薄になりやすいこの時期でも手に入れやすいですよ。

3.家にあるもので簡単手作りおもちゃ

今支出を減らしたいというお宅も多いはず。
そんなときには段ボールや牛乳パックなどの廃材の表面に子どもにペンで絵を描かせて、簡易キッチンやお店屋さん、秘密基地なんかを作るのもいいでしょう。
子どもを日光浴させるついでにベランダや庭で普段使わない絵の具を使って作らせる、というのも手です。
わが家ではリカちゃん人形がブームなので、お菓子の箱をベッドにしたりお風呂にしたりといらない廃材が役立っています。

 
 
在宅業を頑張るママは、仕事と育児の時間にメリハリをもって、一緒にリフレッシュできる楽しみを持てると少しはストレスがたまらず過ごせるかなと感じています。
みなさんでアイディアを共有しあっておうち時間をなんとか乗り切っていきましょう!

《ライター紹介》
殊野 真緒
結婚歴4年で子供は1人、東京都内在住です。家庭の省エネアドバイザー・エコキーパーなどの資格を活かしてママモデル・ライターとして活動しています。 牛乳パック・段ボールを使っておもちゃや家具、雑貨などを作るエコ工作や手芸が趣味で、日々の育児ストレスはミシンの針に怒りを込めて発散しています。子供向けの心理アドバイザーや色彩学などの勉強もしつつ素敵なママ目指して奮闘中です。