【FAMコラム】工夫次第でおうち時間は楽しくできる!大人も子どもも笑顔で過ごせるアイディア紹介します!

こんにちは!
今回のコラムは、ママプラスで座談会やイベント運営、ライティングなど、様々なお仕事をお手伝いくださっているファムさんに「#子どもとおうち時間」のすごし方をうかがいました!

同じ年頃の男の子を育てている担当者も目からウロコのアイディアがたくさん!
ボリュームたっぷりなので、前後編に分けてのお届けです♪

お子さんと過ごす毎日が、すこしでも思い出に残る時間に変わりますように。

*************************************

こんにちは。
新型コロナウイルスにより家にいる時間が増え、長引く自粛生活に親子ともにストレスが溜まってきた頃ですね。

我が家には3歳の息子がおり、4月から入園してやっと私も自分の時間ができる!と思っていたところに今回のこの騒動。。。
もともと外遊びが好きな息子は体力があり余る毎日です。

我が家でも何をして過ごそうかと模索し続ける日々ですが、少しでもみなさんのおうち時間のヒントになれば嬉しいです。
少し長くなりますので、前編と後編に分けてご紹介していきます。
  
  
   
1.家事に子どもを巻きこもう!

普段は通園・通学に習い事、親も仕事で忙しかったりとなかなか時間が取れないことが多いですが、今は家にいる時間がたっぷりあります。
いつもは時間がかかってしまうからやらせてあげられないことも、今なら余裕を持ってやらせてあげることができますよ。

掃除・洗濯・料理などの家事を、子どもがテレビを見ている間にやってしまおう!ではなく、一緒に遊び感覚でやってみるのはいかがでしょうか。
もちろん、本人がやりたくない!という時は無理にやらせなくてOK!

ポイントは、「とにかく褒めて気分を上げてあげること」と、「失敗しても文句を言わないこと」。
そして、「ゲーム感覚で大人も一緒に楽しむこと」がおすすめです。
 
 
掃除編

お掃除では、雑巾を使って窓掃除や床掃除などをしています。雑巾は子どもの手に合った少し小さめのものを用意してあげるとやりやすそうです。

何度もやっているうちに雑巾の絞り方がうまくなってきたり、全身を使うのでけっこう体力を消耗します。
どっちが早いか競争してみたり、電車だよ〜と言って雑巾を連結させてみたり。遊んでいるうちに家の中がピカピカになるので一石二鳥です!
 
 
洗濯編

我が家では100均で購入した小さめのピンチハンガーを息子用にし、小さい洗濯物(パンツや靴下など)は、息子にお願いしています。
洗濯ばさみで物を挟むことは小さい子どもにとって指先を使う訓練にもなります。
はじめは時間がかなりかかっていましたが、今ではすっかり大人と同じようなスピードで干せるようになりました。

また、乾いたものもたたんでそれぞれの場所にしまってもらっています。
やってくれない日も多々ありますが、「すごいね!」「さすがお兄さん!」「ママすごく助かるな〜!」と持ち上げると嬉しそうにお手伝いしてくれます。
 
 
料理編

料理はこわい、面倒臭いなどの理由でなかなかやらせてあげられないことも多いかもしれませんが、2歳くらいからは案外一緒にできることがたくさんあるんですよ。
一緒にやると時間がかかってしまう分、今まであまりやらせていなかった方は時間のある今がチャンスかもしれません。

まずは野菜を洗ったり、クッキーの型抜きをしたり、レタスをちぎったりといった、簡単なことから始めてみるといいと思います。
砂場遊びが好きな子は小麦粉を手でこねることも楽しめそうですね。

3歳にもなれば包丁で切ったり、卵を割ったりということもできるようになりますよ。
 

 
自分で作ると嫌いだったはずのものが食べられた!なんて効果もよく聞きますよね。
またベランダでも簡単にできるミニトマトを育ててみたり、しいたけの栽培キットなどにも挑戦したりしています。
しいたけは1週間ほどであっという間に大きくなるのでおすすめです。おうちで収穫体験をするとさらに食事が盛り上がりますよ。

はじめのうちは時間もかかるし、料理なんかは余計に汚れるし、大変なことも多いですが経験を積んでいくうちに少しずつ成長が見られます。
そのうち戦力になってくれることを期待して、今は頑張りたいですね!!!
 
 
 
後編では、「おうちの中で体を動かす遊び」と「家のそばを歩くだけでも楽しめるお散歩の仕方」をご紹介したいと思います。
不安なことばかり考えていると気分が落ち込み、それが子どもにも伝わります。
私自身も子どもと一緒の時間が長くなるとイライラしてしまいがちですが、できる限り笑顔で過ごせる時間を増やしたいですね。

《ライター紹介》

yui
都内在住、3歳男児の母。在宅での仕事を中心に、MAMAPLUSでもお仕事をしています。
今年の春には子育て中の親子を支援するため、一般社団法人「ぽろんのいえ」を立ち上げ外出自粛が解除され次第、親子向けのワークショップやイベントなどができるように準備中。
自粛期間はおうち時間が楽しくなるようなアイディアをSNSで発信しています。